フルカウルが好き

08年式Daytona 675を振り回しているようで振り回されている気がする

デイトナくん、ステーターコイルの焼付きによる入院

Go Toキャンペーンやらで何となく日本全体がコロナの脅威をいなせるようになった令和2年の秋、

私のデイトナくんは入院していた。

 

原因は表題通りのステーターコイルの焼けであるけど、急にエンストするのな。

 

因みに1年ぶり2回目の体験である。

 前回は長期出張から帰ってきたら不動車と成り果てたデイトナくんを見届けた。

nanzenji.hatenablog.jp

今回は出先にて発生。

呉方面に走行していてまさに大和ミュージアムを通り過ぎようかというところ、信号待ちからの発進をかけようとしたときにエンストである。決してクラッチ操作が悪かったわけでなくエンスト後は二度とセルモータの回らない悲しい事態に陥った。

 

 

賢明なDaytona乗りならばよくご存知だと思うがこいつはよく壊れるのだ。しかし前回と全く同じところが壊れるのは予想外だったけど…

 

レッドバロンに入庫したあと純正部品の値段の高さに恐れおののき一度は手放すことも考えてしまったあたりDaytona乗りとしての覚悟が足りぬ。

2週間位調べに調べて、どうやら非常に割安な社外品を使うという手があることを知る。

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

modalsoul.hatenablog.jp

私の中で勝手に師匠と崇めているmodal_soulさんの記事によれば「T1300039」というのがDaytona675(StreetTriple/SpeedTriple)のステーターコイル及びクランク角センサーのアッセンブリ品の型番らしく、これをググると確かに謎のブランドを冠した安いものが検索結果に表示されるのだ。

みんな大好きwolrd of Triumphによれば純正部品が£334.75、日本円にして大体46000円である。輸送費も考えればもう少し高くつくと思う。レッドバロンとかトライアンフ正規ディーラーで頼んでも部品だけで5万円弱でしょう。

100063050-0-2www.worldoftriumph.com

これを謎ブランド品にすると1万円以下で買えてしまうのでそらまあこっちにしますわという話。

 

 

一つ注意点として、レッドバロンの兄ちゃん曰く、

「いつものステーターコイルは絶縁?のコーティングがあるんですけど、持ち込んでもらったコイルにはその被膜がなかったんですよね」

 

どうやら安さの理由は社外品だからというだけでなくこの被膜の有無もあるのかもしれない。

だけど前回の修理では言い値で純正部品入れて1年半でオシャカになってますし……洗車しすぎとかもあるのかもしれないけど。

とにかく、これで何とか不動車が動車に復帰できた。

デイトナくんは電気系がはっきりいってクソクオリティと言えるので今後も1年以内に不動車へ変化してしまうかもしれないけど。

まあまた今後とも宜しくお願いいたします。

鄙びた温泉へ向かうライダーはビールを求める

おおよそタイトル通りである。できれば風呂上がりにビールを一杯呷りたかったがそうはいかぬが日帰りツーリングの悲しいところである。次は温泉宿に泊りがけでツーリングしようか。

 

さて、今までの改造プランも一段落して休み前に会社の人達と何処か行きたいねーって話をしていたのが例のウイルスがまたぶり返しだしたりで、勤め先が遠出をするなとお達しを出したために帰省することも叶わず単独行を盆休みに企むことになったのである。

 

そこで、今まであまり行く機会のなかった浜田へと狙いを定めた。

主な目標は

  • 海沿いの食堂
  • 地ビール
  • 名物のお菓子
  • 温泉
  • さくっと一息つけるカフェ

とした。

というか先ず浜田方面で有福温泉というところをツーリングマップルにて発見のでこれを軸に頭の中で大体のプランを組み立てていった。

 

結果からいえば5つのうち3つの目標を達成したので上々の出来だったかと思う。

 

出発

朝の8時前で出かけることを後悔する。

f:id:NANZENJI:20200817230011j:plain

走り出して30分ほどで朝食のためコンビニに寄ったとき

わかっていたが凶悪な日差しである。こんな日にクーラーのないのに重装備をしないといけない乗り物に乗るのは阿呆であろう。

しかし、出発した以上は行かねばならない。いや自分だけだから止めてもええねんけど勝手に意固地になったので続行である。

 

浜田城跡

目標には設定していなかったが浜田城跡にも寄ることにした。というのも向かう食堂の11時の開店に合わせたつもりが30分以上早く着くことになり時間を潰す必要が生じたのである。ホンマ適当な計画やわ。

 

で、グーグルナビに「浜田城跡」を入れて指示に従って到着!

f:id:NANZENJI:20200817230445j:plain

浜田城跡に到着…?

いやこれちゃうねんけどね。

こういうことがあるからグーグル先生は時々信用ならない。なおこの後も2回やらかしがあり、最後は林道に限りなく近い険道、もとい県道を走らされたので折檻した。

 

さて改めて浜田城跡。

f:id:NANZENJI:20200817230929j:plain

浜田城跡

天守跡には護国神社が鎮座しており終戦の日前日ということで提灯も派手に並んでいた。

f:id:NANZENJI:20200817231036j:plain

濱田護國神社

ここに来たのも何かの縁ってことで賽銭を入れてお参りを済ませると改めて食堂へと向かう。

石州まる姫食堂

人気店らしい。

f:id:NANZENJI:20200817231228j:plain

店構え

今にして思えば海鮮丼じゃなくてとんかつ定食にしとけばよかったかなー…

 

石見麦酒

私はビールの中でも特にエール系が大好きなのでこの石見麦酒を知ってこれはぜひお土産にしたいと思ったわけである。

食堂を後にして早速向かってみると、

f:id:NANZENJI:20200817231338j:plain

旧住所に到着したところ

先にもちらりとあったとおり、グーグルマップの住所情報が古かったので何もないところに来てしまった。物産館に元々あったのを近くの温泉リゾート?へと移転したようで、物自体は物産館で買えるのだが折角なら本丸に行きたい!ということで張り紙の住所を地図に入力して向かうことにした。

f:id:NANZENJI:20200817231753j:plain

現住所

店主?に生ビールもありますよと勧められるも涙を呑んで瓶を2本購入。一本は爽やかなのがいいなってことで八朔を使ったものをチョイス。次は飲める状態で来たいものである。誰か車を出させようかな…

先に言っておくとうまいよここのビール。

あと1本残ってるんでまた週末に飲むつもりでいる。

 

有福温泉

そして、主目標である温泉へと向かう。本当は追加目的地で滝に行こうとしたけれど途中で面倒になったのと携帯が圏外になったので引き返し、コンビニとGSで体とバイクに補給を済ませるにとどめた。

 

そして有福温泉に向かう途中で廃線の駅を通りがかったのである。

f:id:NANZENJI:20200817232516j:plain

川平駅にて(今年でも会心の一枚)

ここは三江線の駅の一つであり以前訪れた天空の駅と同じく鉄道駅としての役目は終えている。

 

nanzenji.hatenablog.jp

 川平駅を後にして、グーグルのエグい道案内に従って、到着。

f:id:NANZENJI:20200817233043j:plain

温泉街を見上げる

f:id:NANZENJI:20200817233117j:plain

狭い通路

f:id:NANZENJI:20200817233146j:plain

有福温泉 御前湯

こういうところホンマに好きなんで。入浴料400円で大した設備もないけれど、こういうのでいいんだよおじさんも満足するはず。渋いわ。

f:id:NANZENJI:20200817233423j:plain

珈琲も入手すれば良かったかなって後悔している

うん、また行きたいとこなので次は秋にでもまた来ようと思う。

御前湯の番台のおばちゃんもええ感じやったし、2階に小さいけど休憩できる畳があるのが良い。30分くらいゴロゴロして涼んで気力を回復させる。

夏のツーリングに温泉は要らない、って言う人もいるけど自分はあったほうがいいかな。着替え問題はあるけど(今回は手ぶらで行ったから汗まみれの服をもう一度着直した)

 

都川の棚田

はい、棚田です。どんなもんやろって感じで見に行ったけどどうにも良いアングルでなかったのか、田んぼの方に入っていいのかわからずイマイチな感じで終えた。

f:id:NANZENJI:20200817234057j:plain

都川の棚田

帰路で寄れたら寄るわってスタンスだったのでまあこんなもんかと。

 

終わり

結局コーヒーとお菓子は諦めた。後者なんかは買うチャンスはあったが今までの写真の通りシートバッグも小さいしすでにビールが2本入っているから無理に詰めるのも嫌った側面もあるわけで。

有福温泉に限らず、島根はそこかしこに古くからの温泉が在るので悪くないやん島根って感じである。

そして、次は一杯お土産買えるように大きいシートバッグを備えて行こうな!

 

おまけ

ボルト1本だけ注文してました。

 あと、バーエンドも交換してました。

続・LEDウインカー換装不完全マニュアル(バイク、Daytona675編)

 前回の最後にウインカーが正しく動作しないと述べて終えていた。

nanzenji.hatenablog.jp

いやいやお前の注文した10Ωで万事解決なんちゃうんか、と思われても仕方がないのだがそうも簡単に行かなかったのである。

 

注文した10Ω

追加注文した抵抗、

item.rakuten.co.jp

わあ…大きいね。

って感じでまあ付けるのが困難だった上にギボシ端子接触が悪くてうまく導通してないんですわ。

いや数値は正解だったのは仮付けしたときに確認したんですよ。しっかりと期待通りの点滅周期であったので。

しかしそのサイズと接触の悪さからもう無理!と抵抗を追加で付ける手法は放棄するに至ったのである。

さてそうなれば残る手段は一つだけなのである。

 

 

多分これが正解

f:id:NANZENJI:20200703150704j:plain

f:id:NANZENJI:20200703150726j:plain

 

ウインカーリレーの交換しかないよねーということである。

手順は以下の通り。

  1. 左側カウルを取り外す(気合い入れるとカウル外さなくてもリレーに手が届くとか)
  2. 付いているウインカーリレーを取り外す
  3. 買ったウインカーリレーを取り付ける
  4. カウルを付ける

以上!

 いろいろなブログとかを覗いているとデイトナ製の↓で問題ないみたい。

 

…多分これも台湾とかの製品にデイトナのブランドだけ付けただけのものだと思うのでAmazonで出回っているノーブランド品でも多分大丈夫だとは思います。

 

ウインカーリレーの位置は大体以下のURLを参照いたしました。

ameblo.jp

2週間苦しんでいたのがアホらしくなるほどに楽勝な作業。横着してはいけませんわ。

 

そしてキーオン後にウインカーを操作、左右ともに期待した点滅動作をしているのを確認して終わり。

 

ギボシ端子接触の悪さ

因みに10Ωを取り付けようとして接触が悪かったという話について、対策案として元々のウインカーの端子を流用することとした。ということで元のウインカーの端子部分を切断し圧着端子を用いてLEDウインカー側に接ぎ木のような具合で取り付ける。1つのウインカーにつき2本の線、それを4つ分なので合計8個である。

輸入車だと端子形状が違うとかが多いのかも知れないのでこうするのが一番無難なんだろう。

www.diylabo.jp

 

結果

概ね問題なく動作。

ただしメーター横のインジケータがウインカーオフ時でも点灯するという現象が発生中。

f:id:NANZENJI:20200703151623j:plain

シフトNとウインカー動作中のランプ

恐らくリレーが電圧の強弱で動かしているためであろう、ただの電球であるインジケータはそのまま光ってしまうんだろな。こいつもLEDにすればええか。

 

おまけ:お尻の電球

さてウインカーの交換はこれで完了したわけであるが、リアのナンバープレートを照らす電球が切れていることについても一応注意は払っていた。

f:id:NANZENJI:20200703152203j:plain

ナンバープレート照射灯

f:id:NANZENJI:20200703152243j:plain

こういう形

もともとは3.4Wの電球が入っていたようだ。探してみるとかなり汎用性のあるパーツらしくオートバックスにも売っていた。

 

こういう感じの部品。

 

多分高輝度にしても大丈夫だろ…と根拠のない自信から5W品のものに交換した。

f:id:NANZENJI:20200703152608j:plain

付け替えてキーオンしたところ

f:id:NANZENJI:20200703152702j:plain

停車中

f:id:NANZENJI:20200703152722j:plain

停車中(左ウインカー点滅)

んーまあええんちゃう。

という感じでございました。

 

というわけでチェーンスプロケとウインカーの交換は完了。

次にするとなるとヘッドライトのLED化かグリップとレバー類の変更かも。

 

暫くは空模様の良くない日々が続いているので梅雨前線の去る時期を楽しみとしつつミリシタと野球中継に興じることにしますねー。