フルカウルが好き

08年式Daytona 675を振り回しているようで振り回されている気がする

初秋の蒜山・大山に向かう

3連休の最終日、朝方の空気は最早暑さを感じさせない季節になったことを実感する午前6時半にシャワーを浴びていた。

ツーリングに行くためであるけれど、今回は久々に規模の大きいものであるので念入りに準備を進めていた(といっても合計8名だからマスツーリングというほどでもない)。

集合には少し早い時間に自宅を後にし、体の調子と愛車の状態を一応確認しておく。まあ大丈夫なようだ。

果たして集合場所に到着すれば大半のメンバーが集まっており、缶コーヒーを一本飲み干せば出発だろうという良い塩梅。

缶を空にしつつ上司の新車を外装慣らしの痕を冷やかしていれば全員が揃っている……

いや一人いなくね?

おらんな。

もう5分以上経ってるんですがなんでいないのかとぼやきつつ電話をするもコールが2回、3回……諦めて切ろうとしたときにやっと繋がった。

「おはようございます、もうみんな揃ってますよ」

「うん、今でるとこ。ごめんだけど少し待ってて」

後で聞けばただの寝坊だった。この人も随分と先輩なんですけどね。

 

出だしからつまずいたなー、蒜山は下道で行けば結構遠いから(休憩込みで4時間は見ておきたい)早く出発したかったんだけど。

そう思いを巡らせながらグーグルマップをセッティングして出発。

天気は良いし、空気も澄んでいるのでまさしくツーリング日和。

すると

(グーグルマップがいつもと違うルートを示している?こっちのほうが早いのか)

と従来と異なるルートを導かれるまま選択、

そして、

ナビの通知を見落として、

まっすぐひたすら進んだ結果、

蒜山とは明後日の方向に向かい、

気づけば30分のロス。

 

まあそういうこともあるのがツーリングであり人生。

 

時間をロスしつつも秋晴れの中国山地を走り抜けていく。

f:id:NANZENJI:20190919221421j:plain

 

しかし、蒜山高原が近づくにつれ天気は暗さを徐々に増やしていくのである。

そしてとうとう蒜山で雨に打たれたものだからむしろ寒い。

どうやら大山を中心として雨雲が集まっていたようで、ジンギスカンを食べアイスクリームを食べた後に蒜山を退散すると雨とはおさらばできたのである。

f:id:NANZENJI:20190919222708j:plain

f:id:NANZENJI:20190919222721j:plain

しかし、相変わらず先導するたびに遅いとか速いとかいろいろと言われっぱなし…※前者は250/400のninjaやCBR。回しまくれて楽しそうやなー

 

あと、中華インカムを3人持っていたのだけれどどうもペアリングがうまくいかず、壊れたのか偶々不具合があったのか、イマイチな気分でツーリングを終えることになった。

 音はそこまでひどくもないのだが。

 

ところで、ぼちぼちキャンプツーリングもしてみたいとも思い少しずつ道具をそろえていたところでとうとうシュラフを入手したのである。

シュラフなんてAmazonで数千円で買えばよいかと思っていたのだけれど、どうにも昔登山をしていたせいか山でも使えて羽毛100パーセントの小さくなるやつが欲しかったものだから新品だと2,3万するので二の足を踏んでいた。

しかし、とうとうISUKAの3シーズンシュラフを入手したのである!

 

多分↓の旧モデルである。

www.isuka.co.jp

もしかしたら3シーズンは無理かもしれないが、山登りだと夏以外はテント泊しないだろうからこれできっといいはず。

あとは、バイクの積載装備とテントである。