Daytona 675から漏れ出る魅力と熱風

98年式ZZR400から08年式Daytona 675に変わったんですが乗り換えて、初めて分かるZZRの素晴らしさとミドルSSの爽快感

米陸軍士官学校枕投げ騒乱事件

ネットニュースをだらだら眺めていると最近米陸軍士官学校、通称ウェストポイントに関するニュースが流れてきた。 米陸軍士官学校「枕投げ」で30人負傷、1人意識不明かwww.afpbb.com 記事によると、新入生の夏季訓練終了後の恒例行事である枕投げがエスカレ…

山岳事始め。山登り、低山だろうが遭難はあり得る。

少し前に山ガールなる言葉が流行ったらしい。いや今もあるのか?それまでの登山のイメージが男、というものか老人会の様なものであったからちょっと若い女性が増えるとそんな言葉で盛り上げようしていたみたいだ。多分増えたとは思うけど、不幸にして私は今…

東京オリンピックの騒動に寄せて

私は東京オリンピックについて微妙な気分でいる。何故か。 それは東京に対してあまり好ましいイメージを抱いていないからだ。何故か。 それは私がこの近畿の地こそ最もバランスのとれた地域であると思うからだ。何故か。 それは高校卒業までずっと暮らし、愛…

就職活動中の話その5

前回、私はジョブパークについて紹介した。 <a href="http://nanzenji.hatenablog.jp/entry/2015/09/04/%E5%B0%B1%E8%81%B7%E6%B4%BB%E5%8B%95%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%A9%B1%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%94">就職活動中の話その4 - 内定1個しか取れんかったらそこに決めるわ</a>nanzenji.hatenablog.jp 私がジョブパークにたどり着くまでにはインターネットでの検索が非常に威力を発揮した。そこでふと疑問に思う。インター…

ミリタリーを学びたければ何処に行けば良い。

今週のお題「いま学んでみたいこと」やっぱミリタリーでしょ。今熱いし。 ガルパンだのストパンだの艦これだのでミリタリーがサブカルの中で浸透しつつある今日この頃。未だに世間一般では先の大戦の戦略爆撃のイメージが強すぎるみたいだけれども。安全保障…

E7、クリアしました。丙だけど。

先ほど、何とかクリアしました。撃ち漏らしがある中で、こちらが雪風が最後という局面、しかし雪風がボスへカットインを叩き込む殊勲賞、絶望的な段階からの逆転サヨナラタイムリーヒットってな具合でした。 ほんまにきつかった…( ´_ゝ`) だってあきつ丸も…

就職活動中の話その4

前回、私は「ジョブパーク」なるものに言及した。 就職活動中の話その3 - 内定1個しか取れんかったらそこに決めるわnanzenji.hatenablog.jp 特に、人見知りが激しい人やわけあって周りに相談する人がいない人にはお勧めだ。これでも駄目ならお医者さんのお…

登山へ行こう。(準備考察)

前の記事でいろいろ勉強して、モノを揃えて初めて行けると書いた。 登山へ行こう。 - 内定1個しか取れんかったらそこに決めるわnanzenji.hatenablog.jp では、何を準備しようか。

登山へ行こう。

登山へ行こう。就活中ずっとそんなことばかり考えていた。 私はこの春に学生の身分を失って以後、ぷーたろーとして就職活動をしていたが、週に2,3回は近所を走っていたのである。もちろん、今も継続中だ。 主な理由として 体力維持のため ストレス発散 市…

ダイドーブレンドコーヒーの味は

ダイドーブレンドコーヒーは私の愛する缶コーヒーである。たとえそれがマイナーであろうとも。

乾坤一擲、晩夏の目覚め作戦!

現在、夏のイベント真っ盛りである。私も就活より熱を入れてE7の攻略に向かった。 が… 全く歯が立たない。何故だ。舞鶴の古参として非常に歯がゆい。古参と言っても確かにランカーでもなく、適当なプレイしかしていないが、なぜだ。 丙でE7突入しとるん…

就職活動中の話その3

会社の説明会は早ければ3月4月ごろにスタートしており、そのことを考えれば私はかなり遅れてスタートしていたことは確実であった。しかし、私は緊張感は持っていたが焦ることはなかったのである。

就職活動中の話その2

先に私が初めて参加した合同説明会の話をした。 しかし、実を言えば私は大手企業以外は眼中になく以降にあった合同説明会は登録だけ済ませたものの、一度たりとも足を運ぶことはなかったのである。

就職活動中の話

私がいわゆる就活を始めたのは5月20日である。公式には。もちろん下準備はそれ以前より開始していたのであるのだが、公式には、そういうことにしてもらいたい。 初めて参加した説明会はリクナビの合同説明会であり、これは活動開始直後にあったものを見つ…

古い記憶をたどることは時々自分のルーツを知るような気分になるけれども、素人の心理学は誤解を生みやすいので気になる人は専門家に相談した方がよい。

今週のお題「一番古い記憶」 平成5年の早生まれである私、一番古い記憶と訊かれればいくつかの候補が浮かんでくる。 一つは3歳ごろ、当時住んでいたマンションの向かい側に自動車整備工場があり、親に怒られたのか道で泣いていたところに工場のオッチャン…